Rotonde deCartier“地球と月”陀はずみ車の両標準時区月相腕時計。カルティエは大胆な表示する方法を通して、共に2の大きくて複雑な機能が現れます。陀はずみ車はその単純な機械機能を突破して、精密に必ず幸運なきんでている性能と保障なだけではなくて、更に月相を溶け込んで表示して、両者は互いに補完し合います。月相の表示機能は独特な表示する方法を持つだけではなくて、そ上つける者要求に応じてただようやくはっきりと現れるだけことができて、2重革新性がある技術アイデアを展示しました。 心を打って殻側面4時位置の押しボタンを表して、1枚は窓を遮って天から降って来て、一部陀はずみ車骨組みに隠れます。ここから形成する三日月、1曲がったところ明月がまさに空にあるようです。心をこめて磨き上げる18K白いK金格柵、時間をめぐっていて第2標準時区と表示するを表示します。3次元の立体時計文字盤はおよび大家を飾るからサイドオープンチップの技術を採用して手製で製造する面取りの修飾が彫刻してローマ数字を彫る時表示して、全てカルティエ高級の時計するシリーズのシンボル的な元素ため。チップ背中半分は空リスト橋を彫刻して星の形設計を呈して、9440MC型チップの修飾技術を更に現すがこ上なく精巧で美しくさせます。きらめいて時計の辺鄙な星、これと貴重だ時に計算する時計文字盤上月地球遥かな様子と照り映えます。